GAは最近世界初のWengerTT3630加熱ツイン押出機が備えつけられた新生産ラインラインを稼働させました(GAの全事業所ではラインDとして知られています)。

WengerTT3630加熱ツイン押出機は、現在使われている他のツインスクリュー押出機とは、デザイン上でも性能面、効率面でも違い、Wengerの強力プレコンディショナー(HIP)と完全に調和しながら稼働します。

材料はHIPの中で2つの独立した従軸でやさしく混ぜられ、製品の中にはスチームが「包みこまれ」ます。押出機シリンダーの斜角スチームインジェクターのポートは材料の流れの方向に向けられ、ユニークなスクリューの外形とあいまって、さらにスチームを製品に混ぜ入れます。こうして、TT3630は、他のツインスクリューマシーンより最大4倍多い熱エネルギーと半分から4分の1の機械エネルギーが利用できるようになります。この減少した機械エネルギーは、より旧式の高せん断調理押出機に比べて、調理プロセスを大幅に軽くしてくれます。そのため、プロテインの消化吸収率は保たれ、90%以上調理済の食品の中でさえ、天然ビタミンやミネラル成分を残すことができます。

また、この新しい特許取得済のプロセスによって、ジャガイモや米含有物といった炭水化物は、他の押出機のデザインで以前に生じた粘着なしに加工できるようになります。澱粉を機能特性や感覚刺激特性を損なわずに完全に調理することも可能です。しかし、もっとも素晴らしい可能性は、最大70%のフレッシュミートを入れてドライフードやおやつを生産する能力です。

調理プロセスはプレドライヤーとセカンドドライイングのユニークな2段階のプレドライヤーとセカンドドライイングで完了するため、ハイフレッシュミートキブルと真空コーティングシステムにある高レベルの湿気の除去ができます。そのことにより、押し出した後の脂肪や油分を適用する際に他に類のない一貫性が生まれるのです。

このように、GAは最高級ドライペットフードの生産では、世界最先端の生産施設を有しています。